カテゴリー別アーカイブ: IT雑感

Windows10無償アップグレード


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者のDBA加藤(@namibuta)です。

パソコントラブル  河村友歌

 

Windows10の無償アップグレード期間は2016年7月29日まで。

あと10日余りとなりました。(※既に終了しました)

20160716_01

 

このアップグレードは使用者が意図せずアップグレードしてしまう事がある点で、

物議を醸していますね。

消費者庁、Windows 10無償アップグレードについて注意喚起。キャンセル方法なども案内 – Engadget Japanese

 

今回に限らずOSのアップグレードはリスクを伴うものです。

ビジネスで使う場合には特に慎重に考えたいですね。

私は1年前に更新していますが、全く問題なく使えています。

 

小学校、中学校でプログラミングを教えようという時代です。

色々なリスクがあることを各自認識したうえで、パソコンを使うことが求められています。

とはいえ、一般の方には敷居が高いですね。

分からないことがあったらすぐに専門家に相談しましょう。

 


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビズです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ


見えるものが全てではありません


群馬県高崎市のデータベースコンサルタント、ITシステムアドバイザー「なみぶたぁのだんな」(@namibuta)です。

パソコントラブル  河村友歌

a0002_001656_m

 

最近は必要なデータをすぐに取り出せる時代ですね。

 

一昔前は、大量な紙のデータをバインダーに収納していました。

 

現在はかなりの部分がシステム化されて、

パソコンはもちろん、

外出先ではスマホやタブレットを使ってデータを扱うことができる様になりました。

 

便利な時代ですね(^o^)

 

それが全てですか?

システム化されていても、システムの制限があって、

格納されているデータを全て出力していないケースが多くあります。

 

また、データ同士を組み合わせて、違うデータを作る事で見え方が変わることも。

 

また、情報過多の時代ですので、目の前を素通りしているものもあるかも知れません。

 

全てを活用しきれていないのが現状。

埋もれた宝のデータもあるかも知れません。

 

常に見直すことが大切

私もそうですが、物を捨てられない人って多いですよね(笑)

 

データというのは貯めることが目的ではなくて、

活用することが大切です。

その活用方法も日々変わっていきます。

 

自分のビジネスにいかに役立てるか。

定期的にデータの見直しを行うことが必要になります。

今持っているデータも見直しをしてみてはいかがでしょうか。

 


「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ


パソコン、使ってますか?


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

パソコントラブル  河村友歌

 

a0002_006728_m

 

パソコン使っていますか?

パソコンの出荷台数が落ち込んでいます。

↓ITProより

[データは語る]2014年の世界PC出荷台数は2.7%減、短期的な回復も先行きは不透明

 

この傾向は最近始まったことではありません。

原因としてはパソコンが成熟市場になったこと、スマホの台頭、世界経済の低迷・・・

日本だけで言えば、消費税増税の影響もあるでしょう。

 

私としてはスマホの普及が一番大きな要因では無いかと考えます。

 

毎日パソコンを使っていますが・・・

仕事柄、平日はパソコンを使わない日はありません。

パソコンで、プログラムを作成したり、ドキュメントを作ったり、調査したり、と使い倒しています。

 

ところが、自宅ではどうかというと・・・

以前は自宅で開発をしていたので、パソコンは必需品でした。

CPUやメモリもそれなりのスペックが必要で、常に最高ランクのものを選択していました。

 

最近はと言うと、スマホやタブレットで代用できることも多く、

専らメール確認、ブログ投稿とOfficeでの文書作成となっています。

使用頻度も週末のみへと激減。

次回購入するときには、性能よりも何が

 

IT業界にいる私でさえ、こんな状態。

スペックではなく、目的で選択する時代。

今後この傾向はますます広がっていくのだと推測されます。


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ


2015年問題を考える・・・


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

 

iNetBizロゴ入りタイトル画像_20130914

IT業界は今、「2015年問題」という難題を抱えています。

これまでにも何度か「xx年問題」が有りましたが、何が違うのでしょうか・・・。

 

有名な2000年問題

「2000年問題」は世の中が大騒ぎしたので覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

それまではソフトウェアで使用するデータの日付は西暦の下2桁だけ扱うようにするのが主流でした。

その方法だと、1999年から2000年になった時、99年から00年ということになります。

こうなると前年よりも年が小さくなるという逆転現象が起こり、システムが想定外の動作をするというものでした。

 

なぜこの様な事象が起きたかというと・・・

コンピュータの記憶装置は当時非常に高価でした。

年を4桁で扱うとなるとそれなりにデータ量も増え、記憶装置にかかる費用も多くなるため、コストカットのために2桁にしたのです。

技術者は2000年になると問題が発生することは早くから知っていました。

でも、「2000年にはこのシステムは動いていないだろう」とか「その頃は自分はこの会社にいないから」などと言いながら、問題を先延ばししてきたのです。

その結果、あの大問題が発生しました。

年を4桁にしたり、内部的に順序が正常になるような対策をしたりと、自分達でまいた種でIT業界は活況になりました。

 

2007年問題っていうのもありました

2007年問題はご存じない方も多いかも知れません。

この年は団塊世代が一斉に退職を迎え、就業人口が減ると言われた年です。

システム開発は”アナログ”、職人の世界です。

日本中には団塊世代の方が構築したシステムが多数稼働しています。

その担当の人が一斉に辞めてしまって、システムのことがわかる人がいなくなる。

そういう危機感にIT業界全体が包まれました。

結局、退職後に再雇用したり、若い人に昔の技術を覚えさせるなどして、乗り切りました。

 

今度は2015年問題

2015年というと来年です。来年は何が起こるのでしょう。

2015年はマイナンバー制度の開始、みずほ銀行のシステム刷新などITに関する大型案件が目白押し。しかも期間が短い。

IT業界では既に人材の囲い込みが起きていて、人手不足が顕著になっています。

単金(給与)を上げても人が集まらない状態です。

 

2008年にリーマンショックが起きて、全業種総崩れになりました。

それまで不景気にも強かったIT業界は大打撃を受けてリストラを行ったり、見切りを付けて辞めたりと、技術者人口は激減しました。

また長年の不景気から、即戦力の技術者を積極的に採用し新人の育成を怠った結果、今の人材不足に至ります。

技術者の育成には時間がかかりますし、人口を増やすことは容易いことではありません。

 

このため大型案件に人材が集中し、他の案件にまで人を回すことができなくなる。

現代はITが無ければビジネスができない時代です。

ソフトウェア開発が滞り、ビジネスに影響が出る。これが2015年問題です。

 

人手不足が問題か?

実は人手不足だけが問題化というと、そうではありません。

この2015年の大型案件の後、目玉となるような案件がありません。

みずほ銀行のシステム刷新が終わると、一連の金融再編でのIT案件が終了。

国の大型案件もマイナンバーのみ。

つまり人手不足の後に、案件終了で人余りが発生する可能性があるのです。

 

IT業界はどうなる

IT業界は仕事の大変さの割に給料が低く、今や不人気産業と言われています。

大手メーカー、SIerだけがプライマリーとなり多重下請けによって中間搾取しているため、実際の技術者の売上が低く抑えられていることが大きく影響しています。

また開発そのものは国内でなく中国やタイ・ベトナム・インドなど海外で行うことでコストダウンを測っています。国内の技術者は育ちにくい構造です。これはIT業界以外でも同様ですね。

この様な状態で、これからの日本のIT業界を背負って立つ人材が育つのか甚だ疑問です。

 

2015年問題というのは国内IT業界にとってターニングポイントになるのかも知れません。


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ


LINEスパムにご注意を!


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

 

↓LINEに誘導するスパムメッセージ

20140416073744

 

メールよりLINE

我が家の全員がスマホになってから今までメールで行っていたやり取りはLINEに変わりました。

音声通話も全くと言ってイイほど使わなくなりました。

 

今日のYahoo!ニュースにも総務省の調査でメールよりLINEの使用時間が上回ったとの統計が載っています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00000124-jij-pol

 

コミュニケーション方法が

音声通話からメールへと変わり・・・

メールからSNSへと変わり・・・

SNSからショートメッセージへと変わってきています。

 

昨今、ショートメッセージサービスを提供するベンダーが買収ラッシュですね。

これからはLINEの様なショートメッセージがコミュニケーションの主流になるのでしょう。

”メルマガ”というメディアは無くなってしまうのでしょうか・・・。

 

新手のスパムが来ました

今までFacebookのメッセージ経由で来るスパムは、メアドが書いてあってそこに「メールを送れ」というタイプでした。

でも先日来たメッセージは、LINE-IDが書いてありそこに連絡をさせるタイプ。

投稿した写真がその現物です。

 

Facebookのニュースフィードでも同じような話題が数多く投稿されています。

大体同じアカウントで「れな」って子からのメッセージ。同一犯でしょう。

 

皆さん、気をつけましょうね(・ω・)ノ


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ


WordPressを勧める業者は信用できない?


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

パソコントラブル  河村友歌

 

WS000221

 

WordPressのセキュリティは甘い?

いきなり反感を呼びそうなタイトルで申し訳ない。

県内のホームページ作成業者で「セキュリティに問題があるWordPressなんかを勧める業者は信用しちゃダメ」と言っている会社があるそうです。

又聞きなので話半分としても、少し乱暴な表現ですね。

県内にこういう考えの業者さんがいることは非常に寂しいことです・・・。

 

ブログソフトとして簡単に導入できて敷居が低く、SEO対策にも効果的と言われるWordPressは、最近特に人気があります。

その一方で、プラグインの脆弱性を突いて乗っ取りが起きたりしているのも確かです。

でも乗っ取りの可能性があるのは「WordPressだから」ってことではありません。

MovableTypeでもタダのHTMLで作ったホームページでも一緒です。

WordPressの問題ではなく、設置しているサーバー側に問題があることも多々あります。

設置、管理している人間の意識、スキルに因るところが多いのです。

 

「WordPress=セキュリティが甘い」と言っている業者は、セキュリティ対策についての無知、自信の無い事をバラしているわけで、それこそ信用できないのではないでしょうか?

私はWordPressシンパではないので、MovableTypeも普通のHTMLでもホームページを作ります。

でもセキュリティ対策についてはどれでも同じレベルで取り組んでいます。

 

また、一度作ったらそのまま放っておいてイイということはなく、日々監視していくことが必要になります。

みんなのITブログ:システム運用が大切です

 

OSだって開発言語だって同じ

  • 「Windowsはセキュリティが甘い」といってLinux, Macを使うアンチMicrosoft(アンチゲイツ君?)。
  • 「Androidは情報漏洩しやすい」といってiPhoneを使うアンチGoogle。(というか、ジョブズ信者)
  • マイクロソフト製の言語やツール(Office, Visual Studio.NETなど)は使わずオープンソースなOffice SuiteやJava言語を使う好む人。

いろんな”アンチ”君がいます。

でも乗っ取られているサイトはLinux上で動作するJavaで作ったサイトが多いですけどね(^^;)

使っている人が多いので、攻撃対象になる。

前出のWordPressも一緒です。

 

別に好き嫌いはあって当たり前。個人的には好き嫌いはもちろんあります。

でもビジネスとしてITの御提案、指導をする場合には、お客様にとっての最適解であることが重要。

そのためには嫌いだったり不得意な方面の御提案が必要なこともあります。

 

ITの世界は日進月歩。今の答えが未来永劫に正解とは限りません。

 

これからも「最適解」が御提案できるように努力していきたいと思います。


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ


ブロードバンド回線を使っていますか?


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

 

 

 

フレッツ光が苦戦

先日、フレッツ光が苦戦しているというニュースをネットで見ました。

 

他社は携帯電話と固定回線の「セット割」を展開している一方、NTTはそれを認められていないため販売に苦戦しているという内容でした。

 

セット割りだけが問題なのか?

しかし「セット割」だけの問題なのでしょうか?

そもそも固定回線の加入数はここ数年横ばいから減少傾向にあります。

これはなぜかというと携帯電話が普及してきたからですね。

 

携帯電話自体の使われ方もここ数年変わってきました。

今までは、電話は携帯(スマホ)で、ネットはパソコンで、と使い分けていました。

パソコンでネットをする時にはのブロードバンド回線が必須でした。

 

でも最近はモバイルネットワークのスピードが速くなり、ブロードバンド回線に匹敵するようになってきました。

そのためにネットもスマホでという人が特に若者で増えてきています。

 

これからの展望

固定回線の加入者が減少し、パソコンの販売台数も減少しています。

 

またパソコンでもスマホのデザリング機能やモバイルルータを使うと、WiFiやUSB経由でインターネットができるようになりました。

NTTに限らず固定回線でのブロードバンドは苦戦を強いられることになりそうです。

 

企業としてはホームページ等でスマホやモバイル回線経由でのアクセスは必須で考える必要が有りますね。

→関連記事:ホームページ・ブログのスマホ対応はOKですか?

 


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ

ホームページとブログのどちらにすべきか悩んだら


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

パソコントラブル  河村友歌

 

アイネットビジネスサービス

 

仕事柄、ホームページやブログの作成について相談を受けることが良く有ります。

初めて作成する人は、どこから、またどのように手を付けたらいいかわからないということがあるでしょう。

また費用がどのくらいかかるのか不安に感じている方もいらっしゃいます。

ホームページあるいはブログの開設をする上で検討する必要が有る事項をまとめました。

 

 

一般企業の場合

企業と言っても規模は色々ありますが、法人として活動しているのであればまずは

「ホームページ」

が必須です。

 

ホームページを見る人にどういう会社か知ってもらうのが最大の目的です。

企業ポリシー、沿革、製品・サービス、連絡先などを掲載するのが一般的です。

 

ホームページを開設した上でそれ以外にブログを開設することはありだと思います。

但し、ブログを開設する目的、更新体制を検討した上で、

きちんと運営できるのかということも含め判断する必要があります。

 

 

個人の場合

個人で活動されている方は、ホームページ、ブログのどちらでもOKです。

一般企業と同じように、見て頂く人にどのような活動をしているのか知ってもらうことが目的となります。

ホームページ+ブログで、ブログを中心に情報発信していくパターン。

ブログだけ開設し自己紹介や製品・サービスなどのビジネス情報、イベント情報を発信していくパターン。

等々あります。

 

個人で活動される方は一般企業に比べネームバリューはどうしても低くなってしまいます。

「ホームページ」のみだと受け身のメディアになってしまいます。

ブログを使って積極的に情報発信していくほうが良いと思います。

ですから、ブログ、あるいはホームページ+ブログの組み合わせを採用すべきでしょう。

 

 

無料か有料か

ブロバイダーや民間(アメブロ、Bloggerなど)で無料でホームページやブログ開設ができるサービスがあります。

有料になりますが、サーバーを自社で構築したり、レンタルサーバーを借りるなどして、そこに構築する方法もあります。

どちらの方が良いかというと、これもケースバイケースです。

 

金銭的な余裕があるのであれば、ドメインを取得し、有料のサービスを使うべきだと思います。

予算が無いのであれば、無料のサービスを駆使する方法もあります。

無料のサービスは意図しないタイミングでサービスを停止する場合も有りますので注意が必要です。

 

 

外部委託するか自分でやるか

ホームページやブログ開設の作業を外部に委託した場合、規模にもよりますが数万からの料金がかかります。

また、継続的にメンテナンス、サポートを受けるようであれば、追加料金が発生します。

 

予算が無い場合、あるいはご自身がITについて詳しい場合などは、ご自分で作業する方法もあります。

身近のパソコンに詳しい人に作ってもらうという話もよく聞きます。

 

ITが趣味の方、IT系の仕事をされている方以外は、「自分でやる」というケースはお勧めできません。

予算が無いのにホームページやブログを作りたいいうケースの場合、お金の事が先になっていて開設の目的が明確になっていないケースがほとんどです。

そのような状況で作成しても良いものは作れません。

 

 

どちらにしても・・・

ホームページ、ブログというのは単なるメディアにすぎません。

大切なのはそのメディアを使って何をしたいかです。

目的・ゴールを明確にしておくことが大切です。

 

また、ホームページやブログの開設や運営を外部業者任せにされる方がいらっしゃいますが、

それもNGです。

あなたの会社や仕事の内容を一番知っているのはあなた自身なのです。

一緒に作業していいものを作り上げて下さい。

 

下記の記事も参考にしてみて下さい!

ソーシャルメディアの活用についてまとめてみました

 


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ

スマホ vs ガラケー


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

 

2回目の「vs」シリーズ。別にシリーズ化しているわけではありません(^^;)

 

今回はスマホ vs ガラケー。

電車の中でも車の中でも歩いているときでもスマホをしている方を見かけます。

※”ながら操作”は危険なので全体にやめましょう!

 

■売れ続けるガラケー

携帯電話各社は、増え続ける通信データに対応するため、

基地局を増強したいのです。

その為にはスマホをたくさん売りたいというのが本音でしょう。

 

その一方でスマホの普及率は4割程度にとどまっているといいます。

 

私の仕事先でもそうですが、

通話はOK。でもメールやアプリはNGという場所が数多くあります。

そうなると結局ガラケーの方が便利ですね。

 

携帯電話会社は各社ともスマホの売上げが頭打ち何にもかかわらず、

ガラケーの売上げが伸び続けていて、

今後ともガラケーに新しい機能を搭載するなど販売を継続していくようです。

 

■ご多分に漏れず・・・

私もガラケー2台、スマホ、タブレットを普段から利用しています。(^^;)

SONY DSC

さらに自宅ではパソコンですね。

 

ガラケー2台のうち1台は仕事用です。

ガラケーの方が通話料が安いですし、バッテリーも持ちますので重宝します。

とはいえ、アプリやネットの検索はスマホが優位ですので必然的に両方持ちになりました。

 

日本人は流行りものには飛びつく傾向がありますが、

ここで揺り戻しがあるかも知れません。

 

自分のライフスタイルに応じた通信機器を選択したいですね(^O^)


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ

パソコン vs スマホ・タブレット


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

スマホ PC 茜さや

 

■パソコンの売上げが下がっていると言いますが・・・

皆さんはパソコンをお使いでしょうか?タブレットをお使いでしょうか?

20131223145344

 

最近の調査ではスマホ・タブレットの売上高がパソコンの売上高を上回ったという調査もあります。

また、パソコンに比べてスマホやタブレットの方が安いですから、購入しやすいというのも一因でしょう。

 

■どちらが便利なのか?

ちょっと前までは、家族用にパソコンを買ったり、

就活でもパソコンを利用という状況でしたが、

最近は変わってきたようです。

 

インターネットでちょっと調べ物位であれば、スマホやタブレットで事足りるようになってきました。

つまり、今まではパソコンでないとできなかったことが、

スマホやタブレットでできるようになって、

携帯性も高いので、売上も伸びているということですね。

 

■パソコンは無くなっていく?

では今後パソコンは無くなるのでしょうか?

答えはNoです。

 

本体の性能はパソコンが優位ですし、

汎用性もパソコンの方が上です。

 

スマホやタブレットアプリの開発もパソコンで行われますし、

ドキュメントの作成もパソコンの方が楽にできます。

 

パソコンを買ってもインターネットや簡単な文書作成くらいしかしなかった方はスマホやタブレットで充分ですし、

パソコンのヘビーユーザは今後もパソコンを使い続けることになるでしょう。

 

私はデスクトップ、ノート、スマホ、タブレットを持っていますが、やはり使い分けをしています。

こうやってブログを書いたり、プログラムを作成したり、表計算ソフトの利用はパソコンで、

パソコンが立ち上がっていないときに、ネットで調べ物をしたいときや

外出先での利用ではスマホやタブレットを使っています。

 

ただ家の中でもスマホやタブレットをハードに使いたい場合には、

Bluethoothキーボード

を接続してパソコンのような使い方をしています。

20131223145455

長文を作成するときにはかなり楽です。

画面が小さいのが難点ですね(^^;)

 

■Windows8の登場で・・・

Windows8はタッチパネルの対応を行いました。

パソコンの「スマホ化」ですね。

 

今後、タブレットはパソコン化し

パソコンはタブレット化していくことが予想されます。

 

いずれにしても、消費者からするとスマホ・タブレット・パソコンは生活必需品で有り、

用途に応じて選択ができるようになりました。

 

自分のスタイルに合わせて選びたいですね(^O^)


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ