【使えるクラウド】Googleドライブ



群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者・データベースコンサルタントの加藤(@namibuta)です。

 

今回の「使えるクラウド」シリーズは「Googleドライブ」(http://www.google.co.jp/)です。

 

WS000141

 

■Googleドライブとは?

Googleドライブは先日ご紹介したDropBoxと同様、

インターネット上に写真や資料などのファイルを保存しておけるストレージサービスです。

検索やAndroidで有名なGoogle(グーグル)社が運営しています。

 

Googleアカウントを持っていれば無料で使用できます。

容量はメールサービスのGmail, 写真、Googleドライブの合計で15GB迄となっています。

 

パソコンでの起動は、Googleのホームページ上で上に表示されたアイコンから選択します。

WS000142

 

スマホ版はアプリになっています。

アイコンをタップすると、格納されているファイルが表示されます。

20131130153643

20131130160020

 

■Googleドライブのメリット

Googleドライブのメリットは格納したファイルを他の人とインターネット上で共有できるという点です。

 

共有するにはファイルやフォルダを右クリックして「共有」を選択します。

WS000145

 

「共有設定」でアクセスできるユーザーを設定。

「共有するリンク」を共有したい人に教えればその人はファイルを見ることができます。

WS000146

 

共有したフォルダは下記の様なアイコンに変更されます。

WS000143

私は、共有を使って某セミナーの参加者の人に動画を公開しました。

 

■ダウンロードはコチラから

  • どちらAndroid版

Get it on Google Play

  • iOS版

 

■DropBoxとの使い分け

同じストレージサービスであるDropBoxとGoogleドライブ。両方使用する必要は有りません。

 

どちらのサービスもハードディスクやメモリのサイズと比べて小さいので、

私は両方のサービスを

 

  • 写真はDropBox

 

  • ファイルはGoogleドライブ

 

と使い分けています。

もう少し容量が増えてくれるといいのですが、無料なので贅沢ですね(^^;)

 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

データ活用コンサルティング、パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ



Produced by namibuta.net.