3.11

群馬県高崎市のデータベースコンサルタント、ITシステムアドバイザー「なみぶたぁのだんな」(@namibuta)です。

 

IMG_20140311_065709_1

 

震災から3年経ちました

今日3月11日は東日本大震災から3年。

 

当日の午前中に書いたブログです。

むすこの卒業式♪(http://www.namibuta.net/blog-danna/archives/2011/03/post-927.html)

 

当時を振り返る

当時は毎日神谷町の客先まで通っていました。

むすこの卒業式ということでしばらく前からスケジュールを調整。

その結果、当日は休むことができました。

今考えるとなんて運が良かったのだろうと思いますね。

 

午前中に式が終わって帰宅。

むすこは友達と5kmの道のりを歩いて帰宅しました。

この時、むすめはまだ小学校にいました。

 

なぜか床屋に・・・

かみさんとむすこと3人で自宅で昼食を取った後、

馴染みの床屋にむすこと2人で散髪に。

普通は卒業式の前に行くものですよね(笑)

 

まぁそれはさておき、あの2時46分。

散髪台に座っていて「揺れてますね~」みたいな話をしていたら、一気に強い揺れに。

スタッフの方は経っていられないほど・・・。

強くて長い揺れが何度も襲ってきました。

そして停電。

 

まだカットしている途中だったのですが給湯器もストップ。

ガスでお湯を沸かしてなんとか仕上げてもらいました。

あんな状況で最後まできちんとしてくれるなんてとても感謝です。

 

急いで自宅まで戻りました。

かみさんも無事。自宅も損傷はなく、ホッとしました。

じきにむすめも無事帰宅。

 

普通の平日だったらみんなバラバラだったのに、あの時に限って家族が揃っていられたことは、

幸運以外の何物でもないですね。

 

東京に通っている人がコチラに戻ってこれたのは日曜の夕方だったそうです。

週明けの月曜日からは新幹線も動きだし、仕事にも行くことができました。

 

 

風化

当時は計画停電もあり、電車はダイヤ通りには運行してなかったですし、余震も多かったですね。

スーパーに行っても物はない。ガソリンを入れるのに大行列。

 

今はどうでしょう。そんなことも忘れたかのように生活しています。

特に東京に行くと痛切に感じます。

 

そんな人間に対しての注意喚起だったのでしょうか?

2月の大雪の時は震災当時を思い起こしました。

 

普通の生活がおくれていることに日々感謝して過ごしたいと思った今日1日でした。

IMG_20140311_201626_1


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ