月別アーカイブ: 2014年6月

格安SIMと白ロムスマホで携帯料金を節約する


群馬県高崎市在住「みんなのIT」管理者の加藤(@namibuta)です。

みんなのIT 河村友歌

IMG_20140515_202755

 

MVNOって?

今話題のMVNO。

MVNOとはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。

携帯電話回線を持っている会社(ドコモ, AU, SoftBankなど)を”キャリア”と呼びます。

そのキャリアから電話回線を借りて、通信サービスを行う会社が”MVNO”です。

 

キャリアと比べると安く通信サービスを提供しているので月々の使用料金を安く抑えることができます。

料金を抑えたいユーザーの人気を集め、最近急速に普及してきています。

 

契約すると、MVNOから「SIM」(シム・Subscriber Identity Module)と呼ばれる契約情報が記録された小さなカードが送られてきます。

料金が安いことから「格安SIM」とも呼ばれています。

これをスマホに挿入することで、通信サービスを受けることができるようになります。

 

格安SIMを実際に購入して使ってみました。

 

SIMフリー端末が必須

サービスを受けるためには専用の「SIM」をスマホに挿入する訳ですが、どんなスマホでも使えるというわけではありません。

以下の注意が必要です。

 

  • 「SIMフリー」スマホ

「格安SIM」を使うには「SIMフリー」スマホが必要です。

国内で販売されているスマホはしばらく前まで「SIMロック」と呼ばれる購入した回線業者がつけたSIMでないと動作しない様に細工がされていました。

数年前からNTTドコモがSIMロックを外したスマホを販売し始めました。

SoftBankも対応機種であれば店頭でロック解除してくれます。

AUのスマホはロック解除できないようです。

 

私は対応するスマホを持っていなかったので、今回NTTドコモ「XPERIA Z1(so-01f)」を中古で購入しました。

中古で購入する場合には、盗難品や全所有者の料金未払等でスマホそのものを使えないようにされてしまう場合があります。

購入の際にはどうぞご注意ください。

今回は「価格.com」の中古スマホサイトで購入しました。→コチラ

こちらでは万が一スマホが使えなくなってしまった場合、交換してくれるサービスがあるので安心して購入できました。

 

  • SIMの大きさにも注意が必要

SIMと呼ばれるカードも大きさがあり、スマホの種類によって大きさが異なります。

  • 標準SIM
    数年前のスマホはこのサイズになります。
  • nanoSIM(ナノシム)
    iPhoneはこのサイズです。
  • microSIM(マイクロシム)
    ここ2~3年のAndroidのスマホがこのサイズが多いです。

 

サイズがわからない場合には、購入店にお問い合わせて下さい。

 

 

格安SIMの購入

沢山の会社が格安SIMのサービスをしていますが、私はNTTコミュニケーションズが提供する

「OCN モバイルONE」

を契約しました。

通信容量は50MB/1日。オプションとして「SMS対応」を選択しました。

SMSは携帯電話の時代からあるショートメールサービスですが、最近ではLINEなどのアプリを使用する際の認証として使われています。

付いている方が何かと便利ですので、こちらの選択をおすすめします。

 

NTTドコモの回線を使う通信サービスで通常のスマホと同じ”LTE”という高速通信が可能です。

1日50MBまで利用可能で、SMSオプションをつけると1,020円(税抜)となります。

NTTドコモでパケホーダイサービスを使用すると5,000円程度ですから4,000円近くの節約となります。

高速通信を50MBまでに制限することで、この価格が実現できています。

50MBってどのくらいできるのだろうというかたはこちらをご覧下さい→50MBで1日にできること

 

 

電話はどうする?

格安SIMが提供するサービスはほとんどがデータ通信サービスのみで、電話はできません。
(電話ができるサービスを提供しているMVNOもあります)

 

私はNTTコミュニケーションズが提供する「050Plus」というアプリを使って電話をしています。

マツコデラックスがCMをしているので知っている方も多いかも知れません。

 

このアプリは月額300円(税抜)で専用の電話番号がもらえて電話ができます。

さらに格安SIMの「ONE モバイルone」と一緒に契約することで月額料金が150円(税抜)に割り引かれます。

また通話料金も050Plus同士は無料。他の番号への電話料金も格安です。

もし電話が必要であれば、このサービスをおすすめします。

 

 

使い方によってはかなりの節約に

OCN モバイルone」(SMS対応)+「050Plus」で1500円(税抜)程度。

これで電話もデータ通信もできます。

 

携帯電話会社との契約と比べると下記の様な制限事項があります。

  • 少ないデータ通信量で制限がかかる。
    (制限を超えても使えないわけではなく、低速になるだけです)
  • 電話番号が050から始まる番号になる
  • キャリアメール(@docomo.ne.jp, @ezweb.ne.jp, softbank.ne.jp)は使えない

 

ヘビーな使い方をしなければ、かなりの料金節約になります。

携帯電話の料金が高いとお悩みの方。

御検討してみてはいかがでしょうか?

 


 

「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ