Oracleのパスワードが有効期限切れしたら・・・

群馬県高崎市のデータベースコンサルタント、ITシステムアドバイザー「なみぶたぁのだんな」(@namibuta)です。

 

OM_GOLD_9

 

アカウントの変遷

古くからOracle Databaseを使っているとユーザーのパスワードは有効期限が無期限という感覚があります。

バージョンアップするにつれ、データベースにもセキュリティの波が押し寄せてきました。

デフォルトではシステムアカウントが使えなくなったりしました。

そして、Oracle11gからはパスワードが無期限から180日に変更されています。

 

有効期限切れ

そんなことはつゆ知らず、先日パスワードの有効期限切れに遭遇しました。

SQL*Plusでログインしようとすると下記の様なメッセージが表示されます。

ORA-28001:パスワードが期限切れです

 

一瞬慌てましたが、ネットで「ORA-28001」を検索すれば対処方法は沢山出てきます。

以下の手順を参考にして下さい。

 

①SQL*PlusでSYSDBA権限でログイン

sqlplus /nolog

sql>conn sys/[パスワード] as sysdba

②パスワードを無期限に変更

sql>alter profile default limit password_life_time unlimited;

③期限が切れてしまったパスワードを変更

sql>alter user [ユーザー名] identified by [新しいパスワード];

④ロックの解除

sql>alter user [ユーザー名] account unlock;

 

以上です。

パスワード切れ前だったら③、④は不要です。


「インターネットの賢い利用法」。個別セミナー・相談会を随時開催しています。

群馬県高崎市のアイネットビジネスサービスです。

あなたの会社のデータ活用を経験豊富なデータベースコンサルタントがアドバイス。
パソコン・スマホの操作方法からシステム構築・運用まで、お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽に!→お問い合わせ